保育士の転職理由は?面接の伝え方から悩みについて

公開日: 2023/10/03 最終更新日: 2023/12/01

保育士の転職理由は、個人の状況や経験に応じて異なりますが、一般的な転職理由としては、職場環境や人間関係、給与面などが挙げられます。

キャリアアップやどうしてもその保育施設で働きたいなどのポジティブな理由でない限り、退職理由をどう伝えたらいいのか悩んでいる方も少なくありません。

この記事では、保育士の転職理由を面接での伝え方を解説します。具体的な例文を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

保育士の転職理由とは

保育士の転職理由として多いのが、以下の3つです。

・給与が低い
・職場の人間関係
・保育方針の違い

それぞれを詳しく見ていきましょう。

給与が低い

保育士の転職理由として圧倒的に多いのが、収入面での不満です。なかには基本給が10万円いかない園や、サービス残業が頻繁に発生する園、福利厚生が不十分で負担が大きい園もあります。

「こんなに働いているのにこの給与では納得できない」と感じ、モチベーションややりがいが低下するケースも少なくありません。改善に向けた努力をする園も増えていますが、再び同じ問題にぶつからないために、園選びを慎重にすることが重要です。

職場の人間関係

多くの保育士が抱える悩みのひとつに、職場の人間関係の難しさが挙げられます。女性が多い職場環境では、時には当たりがキツく、些細なことでも陰口が飛び交うケースも少なくありません。

名指しは避けつつも、同僚たちに対して「こんな先生もいるんですって」と言われたり、大きな声で仕事の指摘を受けるケースもあります。保育士業界は女性社会で、そのなかには嫌な一面も根強く残っています。職場環境に適応できないけど、子どもたちへの情熱を持ち続けたいという思いから転職を決意する方も多いです。

保育方針の違い

保育士として子どもたちの幸せを最優先に考え、正しい道に導いてあげたいという願いは共通です。しかし、保育園ごとに方針や価値観が異なります。一部の園では、損得勘定や家族経営による権力の影響が強く、保育方針が合わないと感じるケースもあるでしょう。

提案や意見を伝えても受け入れられない状況に直面し、子どもたちへの最善の環境を提供するために転職を検討する保育士も増加しています。

保育士の転職で面接官が特にチェックしている4つのポイント

保育士の転職で面接官がとくにチェックしているポイントは、以下の4つです。

・応募者の人柄
・仕事に対する価値観や熱意
・保育者としての経験やスキル
・退職理由(転職理由)

スムーズに転職できるよう、ポイントを意識しアピールしましょう。

応募者の人柄

面接官は、保育士としての適性や人間性を評価します。たとえば、保育士は子どもたちや保護者と密接に関わるため、円滑なコミュニケーション能力が求められます。面接で子どもへの話し方や保護者との対応について具体的なエピソードを話すことで、自身のコミュニケーションスキルを示せるでしょう。

仕事に対する価値観や熱意

面接官は、応募者が保育士としての仕事に対してどれだけの熱意や責任感を持っているかを評価します。たとえば、保育士は子どもたちの成長をサポートする役割を担っています。面接では、応募者がなぜ保育士になりたいと思ったのか、子どもへの情熱や関心を具体的に述べることが重要です。自身の経験や子どもとの関わりから得られた喜びや、感動を挙げるのもいいかもしれません。

保育者としての経験やスキル

保育士の転職面接では、面接官は応募者の保育者としての経験やスキルを重視します。具体的に、どの年齢層の子どもたちと関わったか、どのような保育施設で働いたか、どのような責任や役割を担ったかなどが評価されます。経験の幅や深さ、成果や貢献度なども重要な視点です。

また、発達段階や心理的な特徴に関する知識、保育計画の作成や実施、子どもたちの安全管理、コミュニケーション技術、問題解決能力など、自身の専門知識や技術を具体的な事例や経験にもとづいて説明し、その信頼性や実践力をアピールすることが重要です。

退職理由(転職理由)

保育士の転職面接では、応募者の退職理由や転職理由が明確であり、説得力があるかどうかを評価します。自身の退職や転職の背景や動機を具体的に説明し、なぜ新しい職場で働きたいのか、どのような成長やキャリアの展望を持っているのかを示す必要があります。

その際、面接ではポジティブな要素を強調することが重要です。新しい環境での成長や挑戦、専門的なスキルや知識の獲得、職場文化や理念への共感など、前向きな要素を強調することで、面接官に自身の意欲やポテンシャルをアピールできるでしょう。

面接で転職理由の伝え方

転職理由別に、面接での伝え方を紹介します。

・人間関係で転職
・待遇面で転職
・将来を見据えて転職
・異業種から転職

保育士が抱える悩みや転職の理由は人それぞれです。ネガティブな理由でやめてしまった場合、面接でどんな風に離職理由を伝えたらいいのか、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

転職理由を伝える際は「ネガティブをポジティブに言い換え、前向きな気持ちを示す」ことが重要です。

人間関係で転職

面接において、人間関係を転職理由に挙げるのは望ましくありません。人間関係の問題は、誰もが抱える問題であり、採用担当者に「また人間関係を理由にすぐ辞めてしまうのではないか」「人間関係でもめごとを起こすのではないか」と思われてしまう可能性があります。

人間関係に悩みほかの保育施設へ転職した場合の、面接の伝え方を紹介します。

「前の職場では、立場によって発言のしやすさに差があるなど、保育士同士の信頼関係を築くことが難しい状況がありました。今後は、風通しのいい環境で、それぞれの意見を尊重し成長できる職場で働きたいと考え、転職を決意しました。」

これは参考例ですが、採用担当者にマイナスに思われない伝え方が大切になるので、面接準備の段階で転職理由はよく練っていくとよいでしょう。

待遇面で転職

お金がすべてではありませんが、仕事をするうえでモチベーションとなり得る給与や待遇の悪さで転職を考えている方も多いでしょう。ただ、待遇などの条件をストレートに伝えてしまうと、採用担当者によい印象を与えることはできません。待遇を評価と言い換えることで、頑張りを認めてほしいという前向きな気持ちが伝わりやすくなります

給与などの待遇面に不満を抱えほかの保育施設へ転職した場合の、面接の伝え方を紹介します。

「前職では、能力や経験によって評価される制度がなく、自己評価でしか判断できず不安でした。このままではモチベーションの維持が難しいと判断し、自分の経験が目に見える形で評価される保育施設で働きたいと考えるようになりました。貴園では個々の成長を評価する人事評価制度が導入されていると聞き、自分に対する正当な評価も得られれば、さらに前向きに業務に取り組めると思い、転職を決意いしました。」

将来を見据えて転職

新しい職場や環境で学べることや成長できる機会を求めて転職を考えている場合、スキルや経験の向上を理由に挙げることが可能です。たとえば、新しい教育手法やプログラムに触れる機会がある園への転職を希望していると説明できます。

将来を見据えてほかの保育施設へ転職した場合の、面接の伝え方を紹介します。

「現在の職場では、新しい教育手法やプログラムに触れる機会が限られており、自身のスキルや経験の向上に制約を感じています。私は保育士としてより成長し、子どもたちによりよい教育を提供するために、より多様な学びの機会を求めて転職を考えました。」

異業種から転職

一般企業から保育の世界に魅了され、子どもたちと向き合う仕事をしたいと考えている方もいるでしょう。その際、転職先の園の保育方針や理念に共感を示し、自分の保育理念と結びつけることが重要です。

異業種から保育士へ転職した場合の、面接の伝え方を紹介します。

「私には子どもが1人おり、初めての子育てで悩んでいるときに支えてくれたのが保育園の先生でした。前職は事務職ですが、同じように悩んでいるママを支えられる保育士になりたいと思い転職を決意しました。」

まとめ

面接では、先に紹介した例文などを参考にしながら、自身の経験や理由を具体的に話すことが重要です。また、転職を考える動機や目標を明確に伝え、新しい職場でどのように貢献したいのかを示すと好印象を与えられるでしょう。

また、転職理由を伝えた後、採用担当者に質問すると積極的な姿勢をアピールできます。自身の成長やキャリア目標、新しい環境での貢献意欲をアピールし、前向きな姿勢で転職活動を行いましょう。

おすすめ関連記事

【東京】おすすめの保育士転職エージェント 比較表

イメージ






サービス名保育キャリアベースしんぷる保育保育士バンク保育士ワーカーマイナビ保育士ほいくジョブヒトシア保育(旧:保育ひろばエージェント)
特徴「わたし史上、最高の転職を」をコンセプトにした保育士人材紹介現役の保育士から信頼される紹介会社として3冠を達成 自分に合った職探しができる転職エージェント年間の転職成功者数が30,000人という圧倒的実績をもつ転職エージェント求人数とサポートに定評がある知名度の高い転職エージェントさまざまなタイプの求人を掲載し、選択肢の多い転職エージェント両面型の転職エージェントなので、細かい園の情報まで知ることが可能!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら