保育士が転職に失敗する理由って?失敗例や成功するためのポイントとは

公開日: 2023/09/15 最終更新日: 2023/07/05

「今の職場を辞めたい」「ステップアップしたい」と考えている方が真っ先に思いつくのが、転職ではないでしょうか?しかし、転職したにも関わらず就職先が思っていた会社と違ったら困ります。そこで本記事では、保育士が転職に失敗する理由を解説します。成功するためのポイントもまとめていますので、参考にしてください。

保育士が転職に失敗する理由とは?

今の職場から離れたのに、転職先でも環境が変わらないのなら困ってしまいます。ここでは保育士が転職に失敗する理由について解説します。

転職がよい道だと信じていた

「転職に失敗した」と感じやすい人の多くが、転職に対して過度な期待をもっています。「転職したからよい環境で働ける」「残業が少なくなる」「人間関係がよくなる」などの過度な期待は、働いてからのギャップにつながりやすいです。

転職して環境が好転する可能性もありますが、一方で一から人間関係を構築したり、仕事のやり方を覚えたりすることになり、思っていた転職と違うと感じてしまうかもしれません。「給料が高くなるから」「スキルアップができるから」といったポジティブな転職ではなく「人間関係を解消したい」などのネガティブな転職の際には、とくに注意したいポイントです。

就労条件の確認が甘かった

給料や手当、福利厚生、年間休日などの表面的な基準で転職を決めた方は、働き始めてからの労働環境や人間関係などで「失敗した」と感じやすいでしょう。

転職先を考える際は、書類やネット上に載っている情報だけでなく、内部事情を考慮したうえで選ぶようにしましょう。内部事情を知るのにおすすめなのは、転職サイトや求人サイトです。

周囲に影響されすぎた

会社の運営や社会的情勢の変化などで、周囲が退職や転職をすることが増えてくると焦りがちです。その時のために転職先を検討していたのであれば別ですが、周りがどんどん辞めていくからといって、流れで転職を適当に決めてしまうと、後々厄介になります。

周囲に感化されて転職することは悪いことではないですが、しっかりと準備をしたうえで転職を決断することが大切です。

退職したい勢いで転職を決めてしまった

人間関係のトラブルや職場環境の悪さから「すぐに会社を辞めたい」と感じ、急ぎで転職をした場合も失敗しやすいです。感情任せの転職は転職先のことをよく調べないまま転職することも多く、働いてからのギャップに驚くこともあるかもしれません。

保育士の転職失敗例とは?転職前に知っておきたいポイント

ここでは転職に失敗した例を3つほど紹介します。

残業が多かった

転職の失敗事例として多いのが残業です。面接や求人サイトで「残業なし」と書かれているのにも関わらず、いざ仕事が始まると「持ち帰り残業が当たり前の環境だった」というケースもあります。

求人サイトに書かれたことを鵜呑みにはせず、派遣会社の相談窓口などを活用してじっくりと決めていくのが理想です。

園の方針が合わない

保育士は子どもを預り、教育する立場にあります。保育士はそれぞれ性格や考え方も異なるため、教育方針に対して不満がでることもあるでしょう。

たとえば、「ほめて伸ばす」「子供に対しての怒り方」などです。このような側面のミスマッチを防ぐためには、提供される資料や園長の保育園にかける思い、従業員の雰囲気などを予め確認しておくことが必要です。

近年では募集要項に、日常生活の一部を動画資料として提供している会社も増えています。このような資料には必ず目を通すとともに、人材派遣会社を利用してどのような会社か調べておくとよいでしょう。

人間関係のトラブル

人間関係のトラブルはどの職業でもよくある問題です。園児や保護者との人間関係のトラブルよりは、保育士同士のトラブルが多いようです。この問題に関しては対策することも難しいため、その人を理解するように努めるか、新たな転職先を探すことになるかもしれません。

保育士が転職で成功するためのポイント

ではここからは保育士が転職で成功するためのポイントを紹介します。以下のようなポイントに気を付けることで、保育園とのミスマッチが防げるようになります。

まず、働く予定の保育園に実際に見学しに行くことができるのであれば、ぜひやっておきましょう。もし不可能であれば、SNSなどで生の声を収集するのもひとつの方法です。

面接時において、労働環境について詳しく聞いておくのも効果的です。くれぐれも、「給与や待遇だけに左右されない」ことが大切です。また、自己分析をしておきつつ、転職理由を明確にすることも忘れてはいけません。あいまいな志望動機では、どこの保育園でも採用してもらえず、転職に失敗しやすいからです。

ほかにも、「転職サイトを利用する」「他の園と条件を見比べる」「募集期間が長くないか確認する」などもあります。これらを重視しながら、失敗しない転職活動を心がけるようにしましょう。

まとめ

本記事では転職を考えている保育士さんに向けて、保育士の転職が失敗する理由を解説しました。保育士さんが転職に失敗する大きな要因は「過度な期待」にあります。

転職すれば現状が全て好転すると考えるのも無理はないですが、現実的にそれが本当に可能か、冷静に見極められるようにすることが大切です。成功するためのポイントも参考にして、転職活動をうまく進めてみてください。

おすすめ関連記事

【東京】おすすめの保育士転職エージェント 比較表

イメージ






サービス名保育キャリアベースしんぷる保育保育士バンク保育士ワーカーマイナビ保育士ほいくジョブヒトシア保育(旧:保育ひろばエージェント)
特徴「わたし史上、最高の転職を」をコンセプトにした保育士人材紹介現役の保育士から信頼される紹介会社として3冠を達成 自分に合った職探しができる転職エージェント年間の転職成功者数が30,000人という圧倒的実績をもつ転職エージェント求人数とサポートに定評がある知名度の高い転職エージェントさまざまなタイプの求人を掲載し、選択肢の多い転職エージェント両面型の転職エージェントなので、細かい園の情報まで知ることが可能!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら